ほぼ完成。

倉庫番を解くプログラム。

詰めチェス問題を解くプログラムを作っているうちに、『このアルゴリズムを使えば、色んなパズルの問題も解けるかも?』と思い、まず『倉庫番』に挑戦しています。

天才ゲームクリエイター、ラショウ氏のサイン本を手に入れた!

ネットで検索したら現在は舞踏家になっているとのこと・・・。

開発言語をJavaに変えようか?

javaのコツがつかめてきた。

今度はチェスに挑戦します。

Pvs探索がうまくいかない。

どこを間違っているのでしょうか?

ほぼ完成。

あとはベクターにアップするだけ。

Futility枝刈りのバグを取る。

後手で勝つ。

捕獲探索にバグ発見。

後手で負け。

Dxライブラリを使わない、本格的なWindowsプログラムの方にアルゴリズムを移植してみたのだが、負けてしまった。

後手でも勝ちました。

中華系のサイトにも勝利!

なんて読むんだ?

コンピュータ将棋のアルゴリズム』池泰弘・著、工学社の参考文献として掲載されていたので購入してみたのだが題名をなんと訳したらいいのか分からない・・・。『コンピュータチェスにおける拡張可能性を探る』でいいのか?

NullMove枝刈りとFutility枝刈りを装備。

威力は凄く、思考時間5秒で7手先から8手先まで読めるようになりました。

なんかバグ取りだけで一日が終わってる気がするな~。

相手の包・砲と自分の将・師が向かい合っているとき、将・師が逆方向に動けないバグを修正しました。

さらにバグを修正する。

バグは殆ど取れたみたいですが、

負け。

包・砲の利きの生成にバグがあったのを修正しました。

包・砲の複雑な動きに大変苦しんでいたのですが、まずはピンの処理を解決しました。

さらにバグを潰していく。

将(王手)をされたときに、それを防ぐ手だけを読むところにバグがあったので、そこを修正しました。

後手でも勝ちました。

『下棋』に勝つ。

象棋は日本の将棋と違い『包・砲』の動きがあるのでデバッグが大変です。

時間制限5秒を導入。ゾブリストハッシュに使う乱数、

今まで64ビットだと思っていたのが32ビットだったらしい。慌てて64ビットの乱数を作成したのだが定跡もそれに合わせて書き込みし直さないといけない。

三手読みで『FM象棋』に勝つ。

バグが多く、二日かかってしまった。

ハードディスクの中に2年程前に作った別のアルゴリズムを使った象棋ソフトがあったので、

これを改良して一から作り直すことにします。

『FM象棋』にようやく勝つ程弱くなっていた・・・。

うーん・・・。

勝てない。

細かくバグを修正。

引き分けに持ち込むようになった。

連続王手の千日手、アイコンのインポートと表示を備える。

評価値を変えてみましたが、

先手で勝ち、後手で負け。