連珠(五目並べ)に関する本をアマゾンで手に入れた。

『短期間で強くなる、五目並べ、連珠必勝法』八段、坂田吾朗著、高橋書店

ようやく勝てた。

後手(白)より先手(黒)で勝つ方が難しいなー。

明日の重労働のことを考えると、

何もやる気が起きないなー。

次はラスカを作る。

Jimdoのホームページ

ここまで作った。ボードゲーム『ラスカー』専門のホームページにしようと思う。 。

全然勝てない・・・。

三三の反則負けのバグと評価計算を修正。数回ほど対戦してみたが、全部負け。

メニュー・アイコン・タイトルを付ける。

なかなかかっこよくなったと思うのだが。 Visual C++ではなかなか出来なかったことが、VC#ではサクサク できる。

ファイル・アイコンを付けてかっこよくしようと思う。

Jimdoを使ってホームページを作った。

ジンドューと読むらしいがジムドューじゃないの? mz-soft.jimdo.com

シブサワ・コウ、実在していたのか・・・。

www.4gamer.net

コンピュータが打った駒がわかるように色分けする。

AIを装備する。

大昔の月刊アスキーに掲載されていたTinyBasicで書かれていたもののアルゴリズムを思い出してプログラミングしてみた。なかなか強く12回挑戦してやっと勝てた。

直線上の四四禁にも対応する。

かなり悩んだ・・・。 後はコンピュータ側の思考を考えなければ。

先手の三三・四四の反則負けを実装する。

C#の学習のために買った3冊の本。

やさしいC# ゴールからはじめるC# 猫でもわかるWindowsプログラミング・C#版 殆ど役にたたなかった・・・。結局ネットの情報で理解できるようになったけど。(ゴールからはじめる~は少しは役にたったかな?) 画像を描画し直すRefresh関数のことは三冊とも…

FreeBasicのサイトを見つけた。

昔、ちょっとだけいじったことがあるのだが。ポインタが使えるBASIC なのだ。

マイコンBASICマガジン2000年4月号が届いた。

投稿したボードゲーム『ラスカー』が掲載されている。CかC++で書き直して、もっと強くするつもりだったのだが、まあ色々ありまして。 エミュレータで打ち込み直して実行してみたが、入力ミスでまともに動かない ・・・。

先手の長連の反則負けを実装した。

44,33の反則負けをどうすればよいのやら。

勝敗の判定をするようにした。

方向を示す配列

%0()が方向を示す配列だということが分かる。dir[]と一次元配列で表す。

ちなみにこれね。

とりあえず、コンピュータが打ち返すようにした。

乱数で・・・。 乾謙一さんがタイニーベーシックで作った連珠プログラムを解析してN88BASICに移植したものを『マイコンベーシックマガジン』1999年10月号に掲載されたことがあるのだが、 今プリンタで打ち出したプログラムリストを見ても、なかなか解…

マウス入力を可能にする。

C言語による連珠プログラム。

あるサイトで見つけたのだが、長い。こっちを勉強 してみるか?

Visual C# 版の連珠『五目並べ』

マウスの座標と盤の座標を合わせる。

大昔の『アスキー』に掲載されていた連珠『五目並べ』のプログラムを見つける。

著作権の問題があるかもしれないので、題だけ貼る 。

連珠(五目並べ)

だいぶC#のプログラミングに慣れてきたので、手始めに『五目並べ』を作ってみようと思う 。

C#の勉強。

順調 です。

マイコンBASICマガジンのトークイベントが開催決定!

basicmagazine.wixsite.com あのつぐみさんが初登場するとは。

バグを見つける。

『ゴールからはじめるC#』技術評論社、129ページ、赤い四角で囲んだ部分が存在 していない。